SONY α7S II が出ますね

世間ではシルバーウィークとかいう大型連休中らしいですが、そんなの関係なく嫁は出張、自分はいつもどおりダラダラ仕事している今日このごろ、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

SONY α7S IIが発表されましたねー。
個人的に以前からα7Sが欲しくても買えない、いや、結婚する前に買っておけばよかったと思わなくもないですが…。
その代わりにということで、ちょっと前にNEX-5Nを買ってみたりしたんですが、やはり狙っているところが自分の目的と違うカメラなので、基本性能はともかく、いろいろと不満も出てきてしまいなおさらα7Sに恋焦がれておりました。




そんな中で、とうとう来ちゃいました。α7S IIが。


とりあえずいくらなんだろうと見てみたら、なんと40万円台…。
はい、解散ー。

先代の実売20万円程度でも相当の躊躇があったんですが、さすがに40万円台は厳しい。
機能的なところを見てみると、大きな違いはボディ内手ぶれ補正の模様。
うーん。あると便利だけど、なくてもなんとかなるかな、という部分。

ただ、ボディ内手ぶれ補正があるということは、オールドレンズを使用する際に非常に有利なのは間違いない。
うちも以下の記事でオールドレンズ活用のために買ったので、気にならないわけがない。
検証:ソニーα7Sは広角オールドレンズの救世主か!?

この手ぶれ補正が強力で、なんと4.5段分の効果があるらしい。
ぐぬぬ…。

RAWについても14bitRAWの非圧縮フォーマットに対応しているとか。
これはどこまで差がでるのかは比べてみないとわからないかな。

動画まわりも先代の中途半端さが払拭された感じで、本体のみで4K動画に対応。
これは今後を考えるといいなぁと思うけど、実際問題個人レベルで4Kの編集ってかなり大変なので、これはまあなくても…ってとこかな。

総合的に見て、20万円ほどの価格差を考えると、自分には先代のα7Sで十分かなという結論。
α7S IIの発売で値下がりするといいんですが、実際機能面でまだまだバリバリ行ける機種なので、そんなに下がらないだろうなぁ…。

そんなところで、今回はここまで。


コメント