[Laravel] Homestead環境でHomestead.yamlの設定を修正した時の反映方法

毎度毎度、同じことを何度も調べなおしてしまった時の徒労感でぐったりしている今日このごろ、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

Homestead環境の修正ってあんまりやらないので、次会必要になった時に忘れてしまっているので、メモ。




まずは設定変更。
こちらは~/.homesteadディレクトリにあるhomestead.yamlファイルを編集します。

一度Homestead環境を設定したらそんなに変更することはない気はしますが、うちの場合は複数のアプリケーション開発をする関係で、マルチサイトで使用しています。

今回も新しいサイトを追加するために、sites以下に新しいmapを追加しました。
マルチサイトの場合は以下のようにmapとtoを並べるだけでnginxの設定をやってくれるので便利。
sites:
    - map: homestead.app
      to: /home/vagrant/Code/aosbox/public
    - map: beauty-photo.app
      to: /home/vagrant/Code/beauty_photo/public
設定が完了したら、設定を反映させるために--provisionオプションを付けて仮想マシンを起動します。
homestead up --provision
これで起動と同時にスクリプトが走り、設定内容が反映されます。

そんなところで今回はここまで。


コメント