iPhoneの故障率が急増! 安全神話に陰りってほんとに?

先日放置していたiPhone4Sを超久しぶりに起動したら、iOS9にアップデートしろと言ってきました。
まさかiOS9対応しているとは知らず、ビビってiPhone4Sを落としそうになってしまった今日このごろ、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

なんだか巷で、iPhoneの故障率が急増した…ということで一部で騒いでるようですね。

iPhoneの故障率が急増〜安全神話に陰


でもこれ内容よく見ると、「故障」にアプリのクラッシュを含んでいて、iOS9でそれが急増したのが原因のようです。
これは新しいOSがリリースされればしょっちゅう起こることなので、別段めずらしいことじゃないよなぁ…と思った次第です。
そもそも「安全神話」なんてあったっけ? という。

言いたいことはそれだけなんですが、それだけだとなんなので、もうちょっと突っ込んでみます。

元ネタにあたってみる

この記事の元ネタはBlancco Technology Groupの以下のレポートのようです。

The State of Mobile Device Performance and Health: Q2 2016

詳細は名前やメールアドレスを入力しないとダウンロードできませんが、試しに落としてみました。
すると元のレポートにはちゃんとiOS9が原因だとか、iPhone6よりiPhone6Sがクラッシュが少ないのはCPUパフォーマンスによるものだろうとか書いてあります。
このあたりは上記の記事でも書いてあるんですが、元のレポートには安全神話に陰りとかは書いてないです。
まあこの辺は記事書いた人がPV伸ばすために煽ったんかなーという感じ。

で、上記の記事でもさらっとリンクは貼られてますが、2016年の第1四半期のデータ。

The State of Mobile Device Performance and Health: Q1 2016

これ見ると、Androidが44%、iPhoneが25%で全くの逆。
つまりこれぐらい頻繁に状況が変わるデータだってことです。

一つのデータでなく変化を見るべきでは

かように頻繁に変わるデータだとすると、1回のデータでどうこうではなく、ある程度の期間の変化を見るのがいいんじゃないかなーと思った次第。

あと、端末ごとのデータはそれなりに意味があるかもしれません。
iPhone6は継続して故障率が高いようなので、なんらか問題があるのかも?
あー自分もiPhone6ユーザーなんだけどなぁ…。

一方Androidでは、サムスンの故障率が異様に高いのが気になります。
ASUSは継続して低いみたいなので、ASUSユーザーとしては安心。

そんなところで今回はここまで。


安心と信頼のASUS。

コメント