旧AirMac Expressを設定しようとしてハマった件

無線LANの規格もどんどん進化して、古い規格のものが溜まっている今日このごろ、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

うちも既に使用していない旧AirMac Express、TimeCapsuleが2台転がっていてどうしたものかと。
そんなところで、ASUSのルーターのプリントサーバー機能がどうも不安定で悩んでいるところに、ふと、そういえば古いAirMac Expressで安定して使えてたなーというのを思い出したのが運の尽き。
ドハマリしました。

最初は普通に設定できると思い、AirMacユーティリティを起動。
お。ちゃんと見えるじゃん!
行ける行けると思ったのもつかの間。
AirMac Expressをクリックしたら……
ずぎゃーーーーーん
な、なんですとーーーーー!!!!!

ならばと、色々調べたところ、AirMacユーティリティのバージョン5.6.1までであれば対応しているらしい。
ということで、Appleのサポートページから5.6.1をダウンロードしてインストーラーを実行……

ぐはっっっ!!!

なんということでしょう。
神は我を見捨てたか。
というかAppleに見捨てられた。

長年Macユーザーやってるのでこういうの慣れっこ。
うん。

……

………

………………


どないせーゆーんじゃーーーーー!!!

とふと、もしかしたらWindowsなら古いバージョンのユーティリティが動くのではと思い調べてみると、どうやら行ける。
おーしじゃあWindowsで…と思ったけど、うちのWindows機で無線LAN積んでるの1台もなかったwwwww

あーあー。

と諦めかけたその時。

「あれ? そういえば古いMacBook(ポリカーボネート)がOS古いまま(Snow Leopard)だから、古いAirMacユーティリティ動くのでは?」
と思いたち、起動して確認すると、ちゃんと動く!

ということで、なんとかなりました。
いやー古いものも取っとくもんですね。

……あれ?そもそも古いものを使おうと思わなければ、こんな大騒ぎしないですんだのでは?

あははははは。気にしない気にしない。

そんなところで、今回はここまで。


おすすめしていいのかどうか謎。

そもそもこいつのプリンターサーバー機能がまともなら……。プリンターサーバー機能以外はすごくいいのに。

コメント