日出づる処の夫婦岩の地に生まれし者が日沈む処の夫婦岩を訪れるの巻【九州旅行その3】

 
こちらの続きです。

七ツ釜探検!【九州旅行その2】

七ツ釜の遊覧船を楽しんだ後、さてどうしようかとなりました。
時間的にはまだもうちょっと余裕があるんですが、元々イカを食う、もつ鍋を食う、水炊きを食うしか決めてなかったこの旅行。

ノープラン。

ノー、プラン。

ノー、ぷ、ら、ん…


そんな時に、ふと先日見たBS11のMOTORISE(バイク情報番組)を思い出しました。
確か糸島のあたりをぐっさんとピーターがYAMAHA TRICITYでツーリングして、夫婦岩を見ていたのがありました。

ちなみに、私、三重県伊勢市二見町の生まれ。
そちらにも夫婦岩がございます。
ちょっと調べてみたところ、我が伊勢市二見町の夫婦岩は日が昇る方角、糸島の夫婦岩は日が沈む方角とのこと。
さて、どんなもんじゃろと思い、行ってみることにしました。

それはともかく、TRICITY欲しい。(脈絡なし)

夫婦岩到着

1時間ほど一般道をドライブして夫婦岩に到着した頃にはすっかり夕暮れ。
駐車場に車を停めて、海岸に出てみると
おー。
たしかに夫婦岩。
ん?なんかうちの地元のよりも岩が大きい?
鳥居から見てみるとこんな感じ。
やっぱり岩がちょっと立派。
いや、別にくやしいとかじゃないからねっ!

カップルがいっぱい

それにしても周り見渡すとカップルばかり。
やっぱり「夫婦」岩だから?
まあ我々もそうでしたが…。

考えてみたら、うちの地元の夫婦岩もカップル多かったかもなぁ。
あんまり気にしたことなかったけど。

地名の謎

それにしてもこの地域はうちの地元と名前がかぶりますね。
この夫婦岩のある海岸も二見ヶ浦。
周辺の地域は志摩。
伊都という地名もあり、伊勢にもかぶる感じ。これは古代都市だったとかなんとか。
どういう理由でこうなったのか、ネットで検索してみましたが、あんまりよくわからないみたいですね。
過去に何があったか、私、気になります!

そんなところで今回も次に続きます。
感動の「博多もつ鍋 やま中」 【九州旅行その4】



私、気になります!

コメント