西鉄グランドホテルに宿泊【九州旅行その5】

こちらの続きです。

七ツ釜探検!【九州旅行その2】
日出づる処の夫婦岩の地に生まれし者が日沈む処の夫婦岩を訪れるの巻【九州旅行その3】
感動の博多もつ鍋 やま中 【九州旅行その4】

もつ鍋を散々くらい尽くし、腹一杯になったので、宿泊するホテルに向かいました。
今回ANA楽パックで適当に航空券とホテルを取ったんで、ホテルについてはまあ泊まれればいいやぐらいで考えてました。
一応西鉄グランドホテルは地元で歴史のあるホテルということだったので、それならまあ大丈夫かなと取ってみたんですが、なかなかよかったというお話。


駐車場が激混み

良かったという話の前に悪かったこと。
たぶんパーティーやなんかが多いんでしょうが、駐車場が激混みでした。
ホテルの敷地に入るのに行列。
天神の中心地に近い場所で、あまり土地の余裕もないんだと思うんですが、なかなか厳しい。
タワー型の機械式駐車場があるので、停められないということはありませんでしたが、入庫するのに10分以上かかりました。
機械式駐車場の前のスペースもあまり広くないので、運転に自信ない人はキツイかも。
ただ、誘導していただいたホテルの方はとても丁寧で、その辺はよかったですけどね。

建物はやっぱり古いけど味がある

さらにネガティブなことをw
歴史があるということは、建物は古いということ。
やはり各所に古さを感じます。
ただ、手直ししたり清掃が行き届いているので、決して不快ということではありません。
考えようによっては味。
このサインなんかも最近だとまあ無いでしょうけど、味があって個人的には好きです。

チェックアウトが12:00

あとで気がついたんですが、チェックアウトが12:00までOK。
天神の中心地まで徒歩ですぐなので、朝から周辺を散歩してからゆったりしてました。
近くの水鏡天満宮や
福岡市文学館
新天町商店街なんかをぶらついてきました。

お庭が素敵

ロビーや朝食のビュッフェスタイルのレストランから見えるお庭が素敵でした。
ちょうど紅葉の季節だったので、なんかほっこりする感じでした。
そんな感じで、ゆったりと過ごしてチェックアウトし、昼の水たき長野へと望んだのでした。

そんなところで、今回も続きます。
「水たき 長野」で怒られる【九州旅行その6】

コメント