ハウステンボス内のレストランが意外とうまくて某ランドは見習ってほしい

前回の続きです。

ハウステンボスが予想外にゲームやVRづくしだった件

ハウステンボスは周辺にも特になにもない感じで、食事をするにもほぼ中で食べるしかありません。
基本的に飲食物の持ち込みも禁止のようです。
このあたりはどこのテーマパークも似たような感じですね。

ただ、かなり予想外だったのは、場内のレストランが意外とレベル高くて満足できた点です。
2日間の昼食、夕食、おやつ程度ですがあたりばかりだったのでちょっと紹介してみたくなりました。

チーズワーフ


こちらはアトラクションタウンにあるチーズ専門店。
チーズフォンデュが看板メニューのようです。
ただ、自分はランチを軽く食べたいというのもあり、ハンバーグドリアを頼みました。

お値段はこういう場所なのでそれなりです。確か1300円ぐらい。
ですが、チーズにいいものを使っているのがなかなか美味かったです。
某ランドだと1000円以上払ってもこのレベルは食べられない!

チョコレートハウス

こちらはアトラクションタウンにあるカフェ。
日差しが強いせいか暑かったので、涼みに入りました。
店名にもある通り、チョコレートが売りのようなんですが、あまりに暑かったのでさっぱりしたいと思い、フラッペを頼みました。
こちらは「あまおうフラッペ」で、凍らせたあまおうの果肉も入って、さっぱりとしつつも食べごたえがありました。
今年の夏みたいに暑いときには最高じゃないかと思います。

プッチーニ

タワーシティにあるこのお店。
実はこのお店のことを書きたくてこの記事を書いてます。
ある意味上の2店はおまけ。
長崎を舞台にした歌劇「蝶々夫人」の作曲者、プッチーニの名前を冠したこのお店。
当然ながらイタリアンのお店です。

看板メニューは「フェットチーネオリジナーレ」で、大きなパルミジャーノ・レッジャーノチーズの中にフェットチーネを入れ、フェットチーネとチーズを絡めたパスタです。
で、それを見た嫁が「これ食べたい!」となったので、1日目の夕飯に入ってみました。

店内と外のテラス席があり、せっかくなのでテラス席に。

結構いい雰囲気です。
サラダとドリンクの写真は撮ってたんですが…。

肝心の「フェットチーネ・オリジナーレ」の写真を取り忘れるという大失態!w
いや、あまりにうまそうで撮るの忘れて食べちゃったんですよね。てへ。

ちなみに気に入ってしまったので、2日目のランチにも入ってしまいました!
ランチは運河側のテラス席に座りました。
木陰で心地よい。
ランチはパスタのセットメニューがあるのでそれを注文。


ランチもレベル高い。
そして量もそれなりにあって、満足。

このお店、ハウステンボス内でなく普通にそのへんの町中にあっても人気店になるレベルだと思うんですよね。
次ハウステンボスに行くことがあったら、また行ってみたいです。

そんなところで今回はここまで。


コメント